予知保全のための寿命モデルとウインドファームの最適化

ユニークな機能は、お客様の風力発電設備の残存耐用年数の正確な推定に基づいて、メンテナンス戦略をアドバイスします。

予知保全のための寿命モデル

残存耐用年数の推定に基づいて保全戦略のアドバイスをすることはRomaxの得意とすることです。方法は、お客さまの希望と予算によって異なります。リモートデータ収集と現場点検に基づいた需要予測で十分な場合もあれば、高度な損傷累積アルゴリズムが必要な場合もあるでしょう。

  • ドライブトレインコンポーネントのための長期保全プランニングツール
    • コンディションモニタリング、SCADAデータ、点検、荷重測定、保全履歴がベースとなります。
  • 高度な寿命予測アルゴリズム
    • 複雑な有限要素法解析モデルと、ドライブトレインの心臓部に対する力学的作用の理解に基づいて実施します。
    • ギアボックスの残存寿命を判断する予測モデルにより、長期保全プランニングを容易にします。
    • 洋上、陸上の個々のウィンドファームに合わせてカスタマイズします。
    • ドライブトレインコンポーネントの残存耐用年数を予測する寿命モデル技術(特許取得済み)があるため、保全計画を立てやすいように2~3年先だって事前警告を出すことができます
    • イギリスのトップクラスの事業者が運営する小規模の洋上ウィンドファームの場合は、保全作業と稼働時間を最適化することに1,200万ポンド以上の価値があります。
  • メインベアリングの残存耐用年数モデル
    • 現在の健全性を調べ、コンディションを診断し、故障の見通しを立てます。
    • 寿命延長技術を提供します。