エンジニアリングサービスとコンサルティング

ローマックスは、回転機器に関する問題点を解決するための予知保全と専門家によるエンジニアリングとコンサルティングを提供します。

故障根本原因の解析

ドライブトレインの故障について詳細な独自調査を行います。以下のような多彩な手段で原因を究明します。

  • 内視鏡での検査
  • オイルおよびグリースの解析
  • SCADA データの解析
  • 振動解析(ポータブル振動測定の CMS)
  • 冶金学的解析

当社の技術者は、ドライブトレインの故障の発見、解決に世界中で携わっています。たとえば、メインベアリング、遊星ベアリング、パラレルステージギアボックスベアリング、発電機ベアリング、ギア故障、ピッチベアリング、ギアボックスケーシングの故障といった、多くのプロジェクトでの経験があります。

メインベアリングのグリースフラッシング

グリースフラッシングは、損傷したメインベアリング、あるいは不調をきたしているメインベアリングの寿命を延ばすための予知保全ソリューションの1つです。

Romax の定評ある手法(特許出願中)は、特別に開発された装置を使うことで、損傷発生後も可能な限り長期間確実にメインベアリングの動作を保証するというものです。  

ポータブル振動測定

すべてのウィンドファームが CMS システムを設置しているわけではありません。Romax なら、ポータブル機器でドライブトレインの振動を測定して機械装置の健全性を明らかにするという手法を用いることで、たとえ CMS の設置されていない現場であっても、お客さまのウィンドファームのコンディションを把握するお手伝いができます。解析担当者で編成された当社エキスパートチームが、旧式ウィンドファームの予知保全を可能にすることを目標に、迅速、確実、低コストのサービスを提供します。

実装と測定

Romax は、ワールドクラスのドライブトレイン振動測定ソリューションを提供するだけでなく、オーダーメイド型の計装サービス、測定サービスも提供します。最近のプロジェクトの例:

  • ローターのトルクと曲げモーメントとの特性を明らかにするための、メインシャフトの応力測定キャンペーン
  • 回転コンポーネントのためのワイヤレスセンサーシステム
  • ブレードの応力測定
  • タワーの荷重および変位の測定
  • ギア歯の応力

潤滑システムおよび粒子計数器の専門技術

潤滑システムは回転コンポーネントと同じくらい重要です。Romax には、潤滑システムの設計、保全、アップグレードにおける幅広い経験があるとともに、粒子計数器の実験および条件設定における専門技術があります。そうしたものを活かしながら、潤滑解析と粒子計数器から得られるデータを使って継続的なコンディションモニタリングを行います。

ベアリングの交換、ギアの交換

ドライブトレインの主要コンポーネントを交換するためのプロジェクト管理サービスと部品調達サービスを提供します。専門分野は、メインベアリング、ギアボックスコンポーネントの交換、修理、修繕です。

Romax は、問題を抱えたコンポーネントのエンジニアリングアップグレードを行います。たとえば、高速シャフトベアリングは現場での交換が非常に困難ですが、工学的なアップグレードにより、いわゆるアップタワー交換ができるようにします。