お問い合わせ 0357679400 Eメール:sales_jp@romaxtech.com

状況モニタリング ソフトウェアとサービス

洋上と陸上に設置された風力発電設備への分析、特定、予測、応答

ウィンドファームのモニタリングは Romax にお任せください。当社は、効率面でも技術面でも最高レベルのサービスが提供できるので、リスクが減り、メリットがもたらされます。当社はどの企業系列にも属しておらず、圧倒的な実績を保持しています。当社は、稼働するタービンの基数および稼働時間の増加を支援します。当社は現在、イギリスの洋上風力タービンの50%以上、全世界で4GWを超える風力タービンをモニタリングしています。

自前でのモニタリングを、実績ある外注先へ低コストで移管

コンディションモニタリングシステム(CMS)を備えているどのウィンドファームも、何らかの形で専門の担当者がモニタリングする必要があります。当社のサービスを利用すれば、今までどおりに管理できて、全体の状況も把握できる上に、O&Mコストを大幅に下げることができます。当社は現在、クライアントの代わりに世界中で何百基ものタービンをモニタリングしており、「不具合の検出」、「故障モードの解明」、「予知保全に関する独自技術の提供」、「ビッグデータの処理」といったサービスでエキスパートとして認められています。

こうしたサービスを利用することで、モニタリング、レポート、警告については当社に確実に任せられるため、事業者、資産管理者、O&M責任者、現場の管理、解析チームはもっと価値の高い戦略的な作業に集中できます。

Romax が支援可能な理由

休止時間がうまく予測でき、不具合を見つけることができるため、保全計画についても、O&M の予算編成についても、進行中の発電業務についても改善ができます。

保証期間の経過した現場

モニタリングを自前で行うか外注するかの選択肢があります。経験のあるスタッフを雇用するのは、場合によっては時間とコストがかかり、困難です。一方、Romax は、知識、経験が豊富な上にスケールメリットを活かせるため、自前でモニタリングを行う場合よりも高度なモニタリングを低コストで行えます。

モニタリングを自前で行う場合、当社は事業者と協力しながら、事業者自身がモニタリングを行うためのロードマップを作ります。Romax の「InSight」ソフトウェアでいつどのようにモニタリングすればよいか、そのための方法を教え、計画を練る支援をします。

保証期間中の現場

保証期間中のウィンドファームは、保証期間経過後の運転に備えた強固な戦略が必要です。データを収集してタービンの理解を深める手段として、多くの事業者は自分たちの OEM と平行して現場をモニタリングする手段を選んでいます。そして多くは、こうした保証期間中のモニタリング業務を Romax に依頼しています。当社であれば、保証期間経過後のモニタリング態勢へとシームレスに移行することができ、必要なデータはすべて確実に、保証期間後の引き継ぎを行う前に手に入ります。

InSight:インサイトが選ばれる理由

ウィンドファームの事業者は相変わらず、ギアボックス、メインベアリング、発電機に発生する不要な故障に見舞われています。そのため、早い段階でもっとうまく短時間で問題を見つけ出す必要があります。そうすれば、もっと早く予防的措置を講じることができるからです。発電の中断を最小限に抑えて損失を避けるためには、もっとタイミング良くコスト効果の高い方法でメンテナンスを計画して実行する必要があります。不調をうまく発見することができて、メンテナンスの準備期間を長く確保できれば、それだけ効果的な計画が立てられます。これは特に洋上ウィンドファームにとって重要なことです。というのも、場合によっては、高価な大型船とクレーンが必要になるからです。

Romaxのサービスを利用すれば、もっと効率的にウィンドファームの保全、運転が可能に

  • 洋上、陸上どちらの現場にも対処
  • 技術的に最高レベルの手段で臨みます。事業者自身では手配の難しいスタッフとリソースをご用意します。
  • さまざまな種類のタービン、多様なCMSシステム、SCADA システムにおける専門技術を有しています。
  • 検査データ、保全データを使って、振動モニタリング、SCADA モニタリング、潤滑解析、予知モデル、健全性評価などのサービスを提供します。
  • 信頼できるパートナー: 当社は、OEMともウィンドファーム事業者とも利害関係のない独立した企業です。

InSight ユーザーには、Centrica、Infigen、E.ON などの企業がいます。当社のシステムとエキスパートは、全世界で2GWを超えるタービンを毎日モニタリングしています。当社は世界中のほとんどのOEMと取引があり、Gram & Juhl製、SKF製、Bruel & Kjaer 製などの CMS システムで作業を行っています。

InSight 稼働状況モニタリング ソフトウェアに関する情報は、こちらをクリック