お問い合わせ 0357679400 Eメール:sales_jp@romaxtech.com

自動化と生産性 - シミュレーションの効率を高める

より多くの解析をより迅速に行い、より多くの洞察を得る

FEコンデンセーション、NVH解析、モデル操作の大幅な速度を改善

近代の大規模で複雑な、高周波モデルのためのソリューション時間の減少の順序

  • 多くのモードを持つFE部品の凝結時間が10倍以上短縮
  • ダイナミック解析、FE応答重力NVHモデルの振動応答計算と動作偏向形状の最大20倍高速化
  • 大幅に改善された生産性 - エンジニアリングの時間を短縮し、全体の時間を短縮します。
  • 解析が何度も実行される感度および最適化スタディのイネーブラー

結果を保存して比較し、履歴データに素早くアクセス

解析を保存して後で使用するためのシミュレーションスループットを向上させる:

  • 結果は設計ファイルとは独立して保存されます。 結果をレビューするためにモデルを開く必要はありません。
  • 設計バリエーションの比較のために複数の結果を並べて表示
  • 大規模で複雑なモデルの解析を再実行するよりも速い

Isight、modeFRONTIER、Optimusとの統合

R18は、最先端の自動化、統合、最適化プロセスの中でRomaxDESIGNERの詳細なドライブラインモデルを統合できるように、多数の最適化ソフトウェアとの統合を改善し、使いやすくなっています。

  • 多数の最適化、実験計画方(Design of Experiments)、Six-Sigmaの信頼性とロバスト性の研究などの外部プロセスにRomaxDESIGNER解析を統合することができます。
  • Excel、MATLAB、CATIA、SOLIDWORKSなどの他の多くのサードパーティソフトウェアツールとの統合を可能にし、入力および出力パラメータの自動マッピングを可能にし、プロセスの自動化と開発時間の短縮を実現します。

カスタムレポート、パラメトリックスタディ、バッチ実行の改善

カスタムレポート作成、パラメトリックスタディ、バッチ実行で追加オプションが提供され、RomaxDESIGNERの自動化と最適化機能がさらに広がりました。

  • 伝達誤差とGBTEの結果がカスタムレポートに追加されました。
  • クリアランスベアリング、スティフネスベアリング、リジッド接続、スプラインに使用できる新しいデータセット
  • 実験計画方(Design of Experiments)またはバッチの操作の一部として、ギヤFE歯元応力解析を実行する
  • コンポーネント質量、極慣性モーメントおよび余分なギアの曲げ応力の結果が、実験計画方(Design of Experiments)およびバッチ・ラニング・インターフェイスに結果/ターゲットとして追加されました。

その他、ソフト内での改善...

有限要素(FE)

  • NX Nastranでの外部FE結露のサポート
  • FE静的偏向の計算と表示の高速化
  • RBE3接続(Weighted)
  • 多数の結露ノードを持つモデルの操作性を向上
  • 接続されたノードのチェックの改善

NVH

  • 周波数範囲でFEモードの形状のみを計算する
  • FEコンポーネントのサブセットのFEモードシェイプを計算する
  • NVHおよび音響解析用のデフォルトのレイリー減衰定義

全体のユーザビリティ

  • 荷重ケースに依存する重力
  • 3Dモデルのグラフィックスと操作の改善

CONCEPT

  • CONCEPTでクラッチパーミュテーションから荷重ケースを生成する
  • 新しいベアリングデータベース
  • ギヤ公差の仕様
  • コンポーネントの選択やベアリングの可視化などのユーザビリティの改善
  • RomaxDESIGNER RavigneauxギアセットのCONCEPTへの変換
  • L20およびL50軸受寿命の計算