お問い合わせ 0357679400 Eメール:sales_jp@romaxtech.com

R17 ギア解析 - 優れた効率

軽量化と効率向上のための最先端の解析モデル

歯元応力

完全なRomaxDESIGNERモデル内のギア曲げ強度を評価するための高度な有限要素数値解析ツール

  • 最先端FE要素歯元応力解析
  • 薄いリムギアや高負荷ギアのギアリムゆがみの解析可能である
  • ギアモデルは自動的にメッシュされ、設定されます
  • サードパーティのFE要素ツールや専門知識は必要ありません
  • 内部および外部平行歯車の解析に適しています
Root Stress
Gear mesh efficiency

ギアメッシュ効率

FVA 345の計算方法では、設計プロセスの早い段階で潤滑剤の性能とギアの形状を正確に比較し、最大の効率を達成します。

  • FVA 345 - FZG研究所で開発された業界標準テスト
  • ユーザーが調査し、異なる潤滑剤の効率を容易に比較できるようにする
  • 接触条件および潤滑剤組成に応じて潤滑剤を区別する。 高負荷時の潤滑剤とギアのメッシュ効率を考慮する
  • ギアマクロとミクロジオメトリがメッシュ効率に及ぼす影響を解析するために使用できます
  • 実験ではなく解析による潤滑油の効果を実証し、時間とコストを節約します
  • 潤滑剤データベースには一般的に使用されている10種類の潤滑剤の例が含まれています。