お問い合わせ 0357679400 Eメール:sales_jp@romaxtech.com

マルティボディダイナミクス(MBD)のソフトウェアを使用して、コンポーネント、ギアボックス、ドライブラインの解析のスピードと精度向上を実現出来ます。

迅速なマルチボディ動的モデル

エラーの少ない高速モデル

CAEから直接インポートする

独立型または直接インポートまたは他のパッケージへのエクスポート

目覚ましい 最適化

正確で複雑な複数のモデルを同時に

開発を通じて

より早く解析する

NVH(騒音、振動、ハーシュネス)などのダイナミックな問題を解決するドライブライン・ 
ダイナミックスとマルチフィジックス・シミュレーションのためのソフトです。

MBDモデル作成

ローマックスのモデルから直接MBDモデルを作成します。このモデルは、効率、NVH、耐久性解析用にすでに構築されています。

離散化は適切な詳細へ

簡単で自動化されたプロセスは、必要な障害モードと柔軟なボディを含む詳細レベルを満たすMBDモデルの複雑さと精度の最適なバランスを実現します。

オープンフォーマット

離散モデルはオープンフォーマットなので、他のプログラムへの独自のトランスレーションを作成することができます。

ソフトによる交換

MSC Adams、Modelica準拠のプログラム、SimScapeまたはGT-SUITEで、マルチボディトランジェントダイナミックス、非線形ダイナミックス、マルチフィジックスおよびシステムエンジニアリングなどの解析用モデルを自動交換を実施。

以下のデモビデオをごゆっくり視聴して下さい。

事例図:モデルを作成し、異なるMBDパッケージ間で移動する方法

Dynamic FUSION製品のチラシを ダウンロードして、 Webセミナーを 視聴して下さい。

Romax製品の詳細については、ここからお問い合わせください。