お問い合わせ 0357679400 Eメール:sales_jp@romaxtech.com

InSight (インサイト 稼働状況モニタリング)

風力発電設備の運転効率と信頼性を向上させる健全性管理ソフトウェア:ダウンタイムを減らして、発電量を増やします

InSight Fleet Monitorは、風力タービンの健全性を監視する、ハードウェアに依存しない、Webベースのソフトウェアです。

タービンの種類や、コンディションモニタリングシステム(CMS)の種類を問わず、単一のソフトウェアプラットフォームで世界中のタービンをまとめて監視することができるため、異なるシステム間を行き来することで生じる問題がすべて解消されます。

  • CMSおよびSCADA(監視制御・データ収集システム)から得られるデータに加え、潤滑データや運用および保全(O&M)データを使用することで、タービンの健全性がすべて把握できます。
  •  多くの場合、実際に故障する12か月も前に不具合が検出できます。
  • 複数の保全作業をまとめてスケジューリングすることで、運用および保全の費用が減ります。

  • ダウンタイムが減って発電量が増えるため、収益性が高まります。

どこからでもアクセスできること、共同作業が可能であること、という2点を念頭に置いたソフトウェアであり、現場管理者、資産管理チーム、コンディションモニタリングセンターの3者間での意思の疎通と共同作業の効率が上がります。


タービンのコンディションモニタリング、故障診断、予知保全から、保証期間終了後のサポートに至るまで、当社は風力タービンおよびフリートモニタリングのエキスパートです。

  • 当社は風力タービンのコンディションモニタリングサービスプロバイダとして世界屈指の存在であり、どの企業系列にも属していません。また、2GW超の風力タービンのデータを解析しています。
  • イギリスの洋上フリートの40%あまりは、InSightによる健全性モニタリングと解析が支えています。
  • ドライブトレインコンポーネントの残存耐用年数を予測するライフモデル技術(特許取得済み)を備えています。保全計画が立てられるよう、2~3年先だって事前警告が出ます。
  • 当社は、風力タービン用のドライブトレインおよびギヤボックスの設計会社としては世界トップクラスであり、どの企業系列にも属していません。
  • 設計についてDNV GL社の認証を受けた33件の風力タービンが稼働しています。出力は750kWから6MW超にまで及びます。
  • 25年以上にわたってワールドクラスのソフトウェアを開発してきました。

デモ ビデオ:

Fleet Monitor softwareの紹介

Dr Samuel Wharton がベアリング故障診断の為に、どのようにFleet Monitorが振動、潤滑およびメンテナンスデータを併せて使うかをデモンストレーションします。

Fleet Monitor ソフトの振動解析


無料ウェビナー:The journey to ‘self-monitoring’ your wind turbines using Fleet Monitor software >>

 

主な特徴:

  • ハードウェアやソフトウェアに依存しないので、全てのタービンが単一のプラットフォームで効率的かつ効果的に監視することができます。
  • 複数の保全作業をまとめてスケジューリングすることで、運用および保全の費用が減ります。
  • CMSおよびSCADA(監視制御・データ収集システム)から得られるデータに加え、潤滑データや運用および保全(O&M)データを使用することで、タービンの健全性がすべて把握できます。
  • データの保存およびバックアップはすべて確実に行われます。多くのCMSでは自動的に履歴データが破棄されますが、Fleet Monitorでは履歴データは一切破棄されません。
  • 当社は2GW超の風力タービンをモニタリングしています。そうした業務の中で十分に試されてきたアラームルールが豊富に揃っているため、事前に警告が出る一方で、誤報の数が減ります。
  • 残存耐用年数モデル: 画期的な予知技術により、最大3年先の予測が立てられます。そのため、運転予算および保全予算は、推測ではなく、実際のデータに基づいて決定できます。
  • アラームの閾値は、最善の手法で自動的に設定されます。
  • アラームは非常に高性能であるため、タービンのコンディションを確実に診断できます。
  • レポート機能が自動化されているため、コンディションモニタリングエンジニアは本当に大切な問題に集中できます。

 

メリット:

InSight Fleet Monitor は、陸上・洋上を問わず世界中の風力エネルギー関連の企業、事業者、現場管理者、資産管理者にとって大きなメリットがあります。

  • 発電の最適化とエネルギーコストの削減に効果を発揮する新たな方法です。

  • 洋上・陸上を問わずウィンドファームの収益性が良くなります。

  • タービンの稼働時間が延びるため、収益が上がります。

  • 運用にからむリスクが解消され、運用能力が絶えず改善されます。

  •  コストのかかりそうな問題を事前に察知でき、故障モードを解析できます問題の根本原因が明らかになります。

  • 運用および保全(O&M)作業が最適化されます。

  • 是正措置および事前改善作業の計画が改善されました。

  • 費用のかかる予防保全の計画および予算編成がはっきりと把握できるようになります。

  • さまざまな種類のタービン、多様なCMSシステム、SCADAシステムに関する専門知識によるメリットを享受できます。

 詳細な情報については、03-5767-9400に電話、或いはsales_jp@romaxtech.comまでメールをしてください。

 

YOU MAY ALSO BE INTERESTED IN.....

Statkraft

ケーススタディ

Statkraft

Find out how Europe’s largest renewable energy generator benefitted from using Romax InSight monitoring services during their transition out of warranty, with a view to keeping mai…

詳細はこちら
Butterfly™

関連情報

Butterfly™

革新的なアクション:事前に開発されたドライブトレインにより、スピーディーな市場投入とエネルギー発電コストの削減が可能です。

詳細はこちら
RomaxWIND     ソフトウェア

関連情報

RomaxWIND     ソフトウェア

タービンのギアボックス、ベアリング、ドライブトレインの設計水準の引き上げ: これが、風力エネルギーの分野に最適化された世界屈指の「RomaxDESIGNER」ソフトウェアです。

詳細はこちら
CONCEPT       ソフトウェア

関連情報

CONCEPT       ソフトウェア

システムレイアウト設計、コンポーネントのサイズ決定と評価のための、ギアボックス、トランスミッション、ドライブラインンのモデリングと解析を短時間で行います。

詳細はこちら
Infigen

ケーススタディ

Infigen

Infigen EnergyはRomax Insight健全性監視ソリューションを採用し、オベレーションとメインテナンスのより効果的な管理と予測、非稼動時間コストの短縮、将来的に発生する様々な問題の早期予測、包括的なメインテナンス制御、稼動時間の最大化と最初コストで収益最大化を実現しました。

詳細はこちら
NREL

ケーススタディ

NREL

Read how the U.S. Department of Energy’s primary national laboratory for renewable energy and energy efficiency R&D benefited from RomaxWIND software and accompanying consultan…

詳細はこちら
Jeju Energy Corporation

ケーススタディ

Jeju Energy Corporation

Jeju Energy Corporation chose Romax to undertake a four month performance improvement project to troubleshoot 239 under-performance issues.  The project resulted in a huge improvem…

詳細はこちら
GCube

ケーススタディ

GCube

GCubeは再生可能エネルギービジネスに包括的な設備や、世界規模のプロジェクトに対して賠償責任保証を提供する保険サービスを展開するリーディング企業です。

詳細はこちら
{ }