nachi

不二越、Romax ベアリングカタログポートフォリオに加わります

2020年4月

機電ドライブトレインの設計およびシミュレーション用CAEソフトウェアのリーディングプロバイダーであるRomax Technology社は、本日、株式会社 不二越と協力して、Romax Nexusソフトウェアプラットフォームで利用可能なベアリングカタログポートフォリオを拡張したことを発表しました。

このパートナーシップを通じて、複数の産業にまたがるドライブトレインのエンジニアは、不二越のカタログベアリングを選択することで、コンセプトや詳細な設計段階においてドライブトレインを素早くモデル化することができます。

これは、オフハイウェイ産業などの特定の市場において特に有効です。生産量が少ないので、設計エンジニアはコストを削減するためにスペシャルベアリングではなくカタログベアリングを使用するよう常に要求されているからです。

かたや自動車産業では、生産量が多いためスペシャルベアリングを用いることを正当化されることがよくあります。 一方で、設計エンジニアは、新しくスペシャルベアリングを作るのではなくカタログベアリングを選択することにより、コストを最小限に抑え、部品点数を減らすことを要求されています。

RomaxのCEOであるアンディ・プーンは、 「不二越と提携してベアリングカタログの提供を拡大できることを嬉しく思います。当社のお客様はスペシャルベアリングからカタログベアリングに切り替えることですでに数百万ドルを節約しており、今後も当社のベアリングカタログパートナーシッププログラムを拡大していく予定です。」と述べています。

不二越チーフエンジニアの河岸氏は、「私たちはRomaxのカタログパートナーシッププログラムを通じて、グローバルにおいてより多くのお客様を支援する最善の方法が得られると確信しており、すでにお客様から肯定的なフィードバックを得ています」と述べています。

株式会社不二越 は、軸受、産業用ロボット、切削工具、工作機械、油圧機器、特殊鋼などで知られているグローバル企業です。 1928年に創立され、1938年に軸受の製造を開始しました。多彩な事業・技術をあわせ持つ総合機械メーカーという特長を活かし、自動車や産業機械、エネルギー、インフラストラクチャー分野などのお客様に対して、多様なソリューションを提供し、ものづくりの世界の発展に貢献しています。